カメラレンタル機材

東京カメラ機材レンタル

発表会撮影でのシャッター音は「サイレント設定」で決まり?

こんにちは!東京カメラ機材レンタルです!
皆さん、習い事などの発表会って行ったことありますか?
行ったことがある人はわかる思いますが、発表会は公民館や市民ホールで行われて、場内には大抵カメラマンがベストショットを撮るために一日中、動き回っています。

本番中、お客さんの邪魔にならないように腰を屈めなが移動したり、場内から出て遠回りして反対側から場内に入ったりと、とにかく動き回る。
そんな涙ぐましいカメラマンでも、どうしてもお客様の邪魔になってしまうことがあります。

それは、友達やお子さんが頑張ってる姿を目に焼き付けようと、注目してステージを見てる時に…

「カシャ」

そう…シャッター音が…聞こえる…。

その日の大切な記録を残すためにやってくれていることだから、と頭でわかっていても、気になる人は気になってしまう…。

発表会の休憩中にシャッター音をOFFにする機能ってないの?とたまにお客様に尋ねられることがありまして、その問いにはこう答えています。
「あります。ただ、写真の出来上がりにデメリットがあるので、OFFにせず撮影する場合が多いです。」

サイレント撮影で起こるデメリットとは?

通常時のシャッターは「メカシャッター」と呼ばれて、サイレント設定時は「電子シャッター」と呼ばれています。

この「電子シャッター」は無音かつ無振動で撮影ができるので、一見便利な様に思えるのですが、通常の「メカシャッター」に比べて本体機器の能力を制限してしまうデメリットもあります。
「電子シャッター」がどういう構造なのかは別で説明するとして、起きやすい撮影時のデメリットは以下の三点。

①フリッカー現象が起きやすい

外の撮影時であれば気にしなくて良いところですが、室内で照明が激しく光っている発表会ではとにかく不向き。

発表会の内容によっては、あえて薄暗くする場合もあるのでせっかくピントがあっていてポージングがバッチリの写真でもフリッカー現象で縞々な影が入って使えない…なんてことも。

②動体歪みが発生しやすくなってしまう

「電子シャッター」だと速い動体を撮った際、写真が歪んでしまうことがあります。

そんなに動いていない被写体なら問題がないのですが、発表会の内容がダンスなどの激しく動く場合であれば、どうしても歪んでしまう。

元気いっぱいの表情の写真が取れても、画面端の写る大きく広げた両手が斜めに歪んでる…なんてことも。

③カメラの機能が制限される

これは機体によるのですが、外付けもしくは内蔵のシャッターが使えなくなったり、カメラについているエフェクトが使えなくなったりと、通常時に撮影する時よりも自由度が低くなってしまいます。

発表会の休憩時間、オフショットで舞台袖で控えている演者をストロボつけてショット!と思いきかストロボが不発、ということも発生してしまいます。

室内・激しい照明・速い動体なら通常の「メカシャッター」を

以上のデメリットを踏まえて、発表会であればシャッター音が発生してしまう「メカシャッター」を使用するのをおすすめしています。

お客様のご迷惑になってしまう可能性を持っていますが、もちろんそれを回避するやり方もあります。

・音が少なくなる箇所は撮影を控える
・カメラ二台持ちにして一つは通常設定で、もう一つはサイレント設定にする
など。

ただ、それは現場で個人の持ってる経験や機材で左右される回避策となるので、結局は現場に立って撮影者本人の工夫次第になると思います。

なお、ソニーの「α9」であれば、機体に備わっている「アンチディストネーションシャッター」機能でサイレント設定時でもフリッカー現象が起きづらくなります。

もし、どうしても室内・激しい照明の中でもサイレント設定で撮影されるのを希望される方はこちらの機体をお試ししていだきたいです!

今回ご紹介した機材はレンタルでお試しできます!

SONY α9II

SONY α9IIの詳細はこちら!

SONY α9

SONY α9の詳細はこちら!

レンズはSONYのFEマウントのものが使えます!
発表会の撮影であれば、少し遠いとこからの撮影になることが多いので、望遠レンズも用意しましょう。

SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS Sports SE[SONY FEマウント]

SIGMA 60-600mm F4.5-6.3 DG DN OS Sports SEの詳細はこちら!

SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS II

SONY FE 70-200mm F2.8 GM OSS IIの詳細はこちら!

SONY FE 70-200mm F4 G OSS

SONY FE 70-200mm F4 G OSSの詳細はこちら!

SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

SONY FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSSの詳細はこちら!

SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

SONY FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSSの詳細はこちら!

ミラーレスとはいえ、望遠レンズを使うとどうしても重くなってしまいます。
さらに三脚があると安定した撮影も可能になるかと思います。

SLIK エイブル 300 HC

SLIK エイブル 300 HCの詳細はこちら!

SLIK ライトカーボン E84

SLIK ライトカーボン E84の詳細はこちら!

Manfrotto befree GT XPRO アルミニウムT三脚キット

Manfrotto befree GT XPRO アルミニウムT三脚キットの詳細はこちら!

Manfrotto befree GT XPRO カーボンT三脚キット

Manfrotto befree GT XPRO カーボンT三脚キットの詳細はこちら!

東京カメラ機材レンタルでは法人はもちろん、個人の方向けのカメラレンタルも行っております。
こういったものを撮りたいなどのご相談もスタッフが親身になってご対応いたします。

カメラの予約方法は2つ。
①お電話03-6380-6817で9:00〜深夜3:00まで受付しています。
②Webからは24時間受付けております。
今日カメラが必要になった!際の当日レンタルにも対応しております。

1日からのレンタルはもちろん、長期間のレンタルも可能です。
5日以上のレンタルで割引も適用されます。詳しくは弊社料金プランをご覧ください。


東京カメラ機材レンタル株式会社
【四谷オフィス】
〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目3番
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」2番出口から徒歩約3分
営業時間:平日9:00~23:00 土日祝:9:00~19:00
TEL:03-6380-6817
FAX:03-6380-6818

【新橋・汐留オフィス】
〒105-0021 東京都港区東新橋2丁目3−17 モメント汐留1F
営業時間:平日9:00~22:00 土日祝:9:00~19:00
JR「新橋駅」汐留口から徒歩約5分
都営地下鉄大江戸線・ゆりかもめ「汐留駅」7・8番出口から徒歩約5分
TEL:03-6380-6849
FAX:03-6380-6874

SNS
Twitter:@tcr_info
Instagram:@tokyo.camera.rental_official
facebook:@TokyoCameraRental
Youtube:東京カメラ機材レンタル

ご予約のお客様は以下のいずれかの方法でお申し込みください