カメラレンタル機材

東京カメラ機材レンタル

ATEM Miniシリーズって結局何を選べばいいの?

配信機材と言ったら!ぐらいなBlackmagic Design「ATEM Mini」シリーズ。
弊社でも何種類かATEM Miniシリーズの取扱がありますが、今回はどれを選んでいいか分からないよ!という方のために、特徴などをまとめました。

そもそもATEM Miniシリーズとは?

ATEM Miniシリーズはyoutubeやzoom、twitchなどのライブ配信を行う際に使用される配信機材です。
スイッチャーとも呼ばれていて、接続された複数のカメラの映像をボタン1つで切り替えて配信ができます。

他のスイッチャーと比べ、簡単に配信や操作ができ、値段が安価ということで、昨年のコロナ禍もあり使用する方が格段に増えました。
ライブハウスでの無観客でライブ配信や対談などの配信でもよく使用されています。

なんと言っても大きな特徴は、4系統(8系統)の映像入力、ビデオスイッチャー、オーディオミキサー、キャプチャーボードが1つに搭載されています。
なので、配信の準備であの配線はこうでああでと、現場でバタバタせずにスマートかつスムーズに準備ができるのが非常に大きい点です。

機種によっては配信映像をHDDやSSDに保存したり、各カメラで撮影した映像とDaVinci Resolveのプロジェクトファイルを保存してくれたりします。
しかもそのプロジェクトファイルを開くと映像や音声が同期された状態になっているので、編集作業をスムーズに行うことができます。

画面の切り替えのほかに、TVでよく見かける画面四隅に出演者の顔を出したりするワイプ機能、画面上で2分割で映像を出したり、テロップやロゴを出したりなどなどのたくさんのエフェクト機能も備わっています。

一応PCがなくても配信可能とうたっていますが、実際のところはPC用のソフト「ATEM Software Control」で細かい作業が必要になるのでPCはほぼ必須です。

ちなみに2020年のエミー賞授賞式の配信の際にも「ATEM Mini Pro」が使用されていました。
http://shuffle.genkosha.com/special/blackmagic/casestudy/10260.html

弊社取扱機材

Blackmagic Design ATEM Mini Pro
Blackmagic Design ATEM Mini Pro ISO
Blackmagic Design ATEM Mini Extreme ISO

名前が長くなるほど強く、もとい性能が上がっていきます。
ラーメン二郎やスタバのトッピング方式みたいなんです。知らんけど。
取扱はないのですが他にも「ATEM Mini」、「ATEM Mini Extreme」もあります。
また付属品として、HDMIケーブル、モニター設置用の三脚、ACアダプターもレンタル時に一緒にお渡しをしております。

Blackmagic Design ATEM Mini Pro

昨年登場し、一時はどのお店でも品薄状態が続いていたスイッチャー界のゲームチェンジャー。
4つのHDMI端子の搭載の他に配信した映像をデータとしてHDDやSSDなどに保存ができます。
冒頭でもご紹介したエフェクト機能も付いていますので、これ1台でちょっとしたライブ配信を簡単にこなすことができます。

ちなみにエミー賞授賞式で使用していたものはこちらのモデルです。

BlackmagicDesign ATEM Mini Proの詳細はこちら

Blackmagic Design ATEM Mini Pro ISO

ATEM Mini Proに各カメラなどで撮影された映像とDaVinci ResolveのプロジェクトファイルをHDDやSSDに保存できる機能が搭載されました。
しかも映像や音声はプロジェクトファイル上で同期されます。
配信もしたけど、後からさらに映像編集を行なってブラッシュアップを行いたい方向けのモデルになります。
ちょっとイレギュラーな使い方にもなりますが、各カメラの映像が保存され、ファイルに同期がされることを利用して、マルチカム収録機として使うこともできます。

Blackmagic Design ATEM Mini Pro ISOの詳細はこちら

Blackmagic Design ATEM Mini Extreme ISO

現時点での最上位モデルのこちら。
8つのHDMI入力端子、2つのHDMI出力を備えています。
もちろんこちらのモデルも各カメラで撮影された映像とDaVinci Resolveを保存できる機能がついています。
5カメ以上使用する大規模な配信などで活躍する、プロユースモデルです!

Blackmagic Design ATEM Mini Extreme ISOの詳細はこちら

結論。

スペック的にも小規模のちょっとした配信なら「ATEM Mini Pro」で必要十分かと思います。
配信後に映像編集が必要であれば「ATEM Mini Pro ISO」、「ATEM Mini Extreme ISO」。
さらに映像の入力が5台以上になると「ATEM Mini Extreme ISO」かと。

機能をまとめて図にしてみました。

とりあえずレンタルしてみよう!

冒頭でもATEM Miniシリーズは他のスイッチャーと比べ、安価とは述べたものの、それでもそこそこな値段はしています。
そういう時にレンタルがおすすめです!
単発での使用はもちろん、とりあえずテストで使ってみたい!という時にもお安く済みますよ!

東京カメラ機材レンタルでは法人はもちろん、個人の方向けのカメラレンタルも行っております。
こういったものを撮りたいなどのご相談もスタッフが親身になってご対応いたします。

カメラの予約方法は2つ。
①お電話03-6380-6817で9:00〜深夜3:00まで受付しています。
②Webからは24時間受付けております。
今日カメラが必要になった!際の当日レンタルにも対応しております。

1日からのレンタルはもちろん、長期間のレンタルも可能です。
5日以上のレンタルで割引も適用されます。詳しくは弊社料金プランをご覧ください。


東京カメラ機材レンタル株式会社
〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目3番フクヤビル1F
東京メトロ丸の内線「四谷三丁目駅」2番出口から徒歩約3分

営業時間:平日9:00~23:00 土日祝:9:00~19:00
Web:https://www.tokyo-camera.jp/
TEL:03-6380-6817
FAX:03-6380-6818

SNS
Twitter:@tcr_info
Instagram:@tokyo.camera.rental_official
facebook:@TokyoCameraRental
Youtube:東京カメラ機材レンタル

ご予約のお客様は以下のいずれかの方法でお申し込みください